私は普段ディレクターをしております。

 

ディレクターということでそれまで営業活動というものをしたことがなかったのですが

2020年案件を増やそうと思ったことで営業活動をしたところ

新規のクライアントを30社程開拓することが出来ました。

 

 

私はチキンなのでテレアポや飛び込み営業などは出来ません。

 

またネットによる情報発信等も特にしておらずクライアントや知人からの紹介のみで案件をとることが出来ました。

 

 

1年間動いてみて人からの紹介をもらいやすくする方法について記載してみます。

 

 

1.自分の商品、サービスの独自性を見つける

 

 

私はweb制作をしています。

 

web制作をしている方は世の中に無数に存在していて

大抵の人の周りに沢山存在します。

 

そのためもし

HPが欲しい

という方がいてもなかなか自分に紹介をもらうことは難しいです。

 

 

同業他社に比べて自分のやっていることが他社どどう違うかについてわかりやすく

伝えることが大事です。

 

 

 

私は「女性集客」に特化した制作をしております。

 

特化することで

 

・人から覚えてもらいやすい

 

・得意ジャンルのお客様を紹介してもらいやすい

 

というメリットがありました。

 

また女性集客に絞っているものの

男性向けの制作は出来ないの?

という質問をされ女性集客以外の案件の紹介もいただくことになりました。

 

 

知り合いの保険の営業の方の例では

 

保険の場合全年齢、全職種が顧客見込みになります。

 

しかしその方もあえて一つの業種に絞った保険の提案をしていることを公表したところ

その職種のお客様の紹介を沢山もらえたと話していました。

 

ジャンルを絞ることで専門性がつけることができるため競合が多い業種の方にオススメです。