■略歴
一橋大学を卒業後に野村證券へ入社。中小企業の経営者や富裕層向けに営業する中で、経営に興味を持ち始める。しかしやり方が分からず知り合いもいなかったため、新規事業に取り組めるインフルエンサーマーケティングの会社へ転職。広告営業を行ったのちに新規事業に携わり、2022年に独立。同年12月、株式会社NMarketingを設立。

■事業内容について
主に3つあります。
1つ目がクリエイターへの支援です。具体的には、フォートナイトにて制作を行うクリエイターと企業案件のマッチングを行うエージェント業になります。
2つ目が企業向けのメタバース活用支援です。こちらは広告営業に近く、フォートナイトなどその時に流行っているオンラインゲーム上に企業様のマップを制作する形になります。
3つ目は、自社でのメタバースコンテンツ開発になります。まずはUEFNを活用してフォートナイト内にゲームを作っていきます。

■貴社で活躍する人材の特徴は?
2つあると考えています。
1つ目に、今までやったことないことでも調べてやれる人です。
ただこれは私が指示を出して実行してもらう、実行者として必要なこととなります。
2つ目に、自分でこうしていきたいと考えることや、企画とかを作っていきたいと思う人です。新しい領域なので仮説はどんどん試したく、試す仮説はいくらあっても良いと思います。現状から分析して仮説を立てて、といったサイクルが回せるタイプは非常にフィットすると思います。

■メタバースの今後について
インターネットの次の形になると考えています。
今のインターネットは完全に2Dです。例えば飲食店を調べるときには、画像・文章・口コミのそれぞれを複数に受け取り、頭の中でイメージできるように多くの情報を収集します。
それを便利にする中で動画・ショートといったスタイルも出ていますが、本来は3Dで簡単に見えたらより便利だと思います。

よりリアルに再現された3D空間に入ることができれば一番ストレスがなく、その実現にはメタバースが一番いいという考えです。

現状の課題としてはハード面としての端末、通信速度そして再現度です。やはりゲームとして遊べることと、リアルな物として認識できるには再現度の差分が現状だとあるため、それも含め全てを満たした段階で、インターネットの次の形になるのかなと考えています。

■人材活用を上手く行うために意識されていること

正直始めたばかりで規模の小さい会社なので、できる人であれば年齢関係なくポジション・役割を任せていきたいです。そういう意味では活躍・推進しやすいのかと思います。

弊社はまだ会社の動きに目が届くので、事業がどうやって立ち上がっていくかを肌で感じられる段階です。大きな会社に入ると 既に利益を作ることができる一部分のピースになり、営業などではその場でのやり方を最適化というケースが多くなり、事業の成り立ちといったものは見にくくなります。
一方、弊社に今から参画して頂ければ、どう売上を立てていくかを肌で感じながら新たな市場を作っていく経験を積むことが可能です。
■この後の企業戦略について
1つは企業のメタバース進出のサポートを積極的に行っていきます。
様々な規模の企業で、メタバースをどう使えばいいかわからないけど参入したいというケースが増えているためです。
同時に自社のメタバースコンテンツの制作(UEFNを使ったフォートナイトのゲーム開発)にも力を入れていきます。
■若者へのメッセージ

弊社ではビジョンとして、メタバースでナンバーワンになることを掲げております。
そのナンバーワンが国内か海外か、売上か人数かは定めておりませんが、そこに向かって市場を作っていきたいと考えております。

その目標に対して成果を出すことを一番に考え、楽しめる方がいらっしゃったら一緒に働きたいです。